Lasp舞台写真マガジン
写真で楽しむ舞台芸術の世界

“Asakusa Big Party” (at Asakusa Gold Sounds)

2018/07/20
 

東京・浅草の元気なライブハウス「Asakusa Gold Sounds」にて、ライブイベント “Asakusa Big Party” が開催された。

 

AsakusaGoldSounds©Lasp Inc.

 

浅草から蔵前へと向かうと、裏道にそのライブハウスはある。
Asaksa Gold Sounds の Shu 店長プロデュースのライブイベント
『Asakusa  Big Party』をLaspが激写。

 

秘めたるポテンシャル無限大の実力ある3バンドの雄姿をご覧ください。

 

 

 

トリルダン

トリルダン©Lasp Inc.

 

大阪弁のカッコイイ女たち、トリルダン。

 

MARU(ベースボーカル)

トリルダン©Lasp Inc.

 

JUAN(ギターボーカル)

トリルダン©Lasp Inc.

 

GIVA(ドラム)

トリルダン©Lasp Inc.

 

 

ふたりのカッコイイ女がひたすら盛り上げるパンク。

フランス他ヨーロッパでのライブやCDリリースもしている国際的バンド。

 

トリルダン©Lasp Inc.

 

 

 

トリルダン©Lasp Inc.

 

 

 

トリルダン©Lasp Inc.

 

トリルダン©Lasp Inc.

 

 

 

トリルダン©Lasp Inc.

 

 

 

トリルダン©Lasp Inc.

 

 

トリルダン©Lasp Inc.

 

 

 

トリルダン©Lasp Inc.

 

トリルダン オフィシャルHP http://www.trdan.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HERE

HERE©Lasp Inc.

 

全身 苺 の集団、HERE。

ボーカルのカリスマ性と異常なハイテンションが人々の思考を強制停止。

なかなかの美声である。

 

HERE©Lasp Inc.

 

HERE©Lasp Inc.

 

 

 

HERE©Lasp Inc.

 

HERE©Lasp Inc.

 

HERE©Lasp Inc.

 

 

 

演劇的活動もしているだけのことはあって、場内の空気をどんどん盛って行く。

 

HERE©Lasp Inc.

 

 

 

HERE©Lasp Inc.

 

HERE©Lasp Inc.

 

HERE©Lasp Inc.

 

 

 

 

 

HERE©Lasp Inc.

 

HERE©Lasp Inc.

 

 

三橋隼人(ギター)  尾形回帰(ボーカル)  武田将幸(ギター)

HERE©Lasp Inc.

 

 

HERE オフィシャルサイト http://here-web.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KiNGONS

KiNGONS©Lasp Inc.

 

いきなり目の前に1970年代の人たち。

 

KiNGONS©Lasp Inc.

 

それが、KiNGONS のステージだ。

 

KiNGONS©Lasp Inc.

 

 

 

高橋直渡(ボーカル)

KiNGONS©Lasp Inc.

 

 

KiNGONS©Lasp Inc.

 

 

Kj monmon (ギター)

KiNGONS©Lasp Inc.

 

NAKATA(ベース)

KiNGONS©Lasp Inc.

 

HANDA(ドラム)

KiNGONS©Lasp Inc.

 

 

 

 

KiNGONS©Lasp Inc.

 

見た目はブリティッシュだが。

KiNGONS©Lasp Inc.

 

音楽はジャパニーズ。

KiNGONS©Lasp Inc.

 

でも言語は英語が基本。

KiNGONS©Lasp Inc.

 

KiNGONS©Lasp Inc.

 

 

KiNGONS©Lasp Inc.

 

海外ツアーも多く、欧米でも人気を得ている。

強力なエンタテインメント性を武器に。

 

KiNGONS©Lasp Inc.

 

 

KiNGONS©Lasp Inc.

 

 

KiNGONS©Lasp Inc.

 

 

 

KiNGONS©Lasp Inc.

 

 

 

じつに賑やかなライブであった☆

 

 

2018年7月12日 Asakusa Gold Sounds
Photos: Lytua Ito & Atsko Ito
Text : Lyuta Ito