Lasp舞台写真マガジン
写真で楽しむ舞台芸術の世界

調布国際音楽祭【モーツァルト:劇場支配人】 鈴木優人指揮

2018/09/03
 

2018年の調布国際音楽祭、最終日は注目集まるオペラ公演が行われ、モーツァルトの2つのオペラが鈴木優人の指揮により上演された!

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

古楽を中心とした音楽の祭典、調布国際音楽祭。
今年の目玉は、モーツァルトのオペラ。
上演はコンサート形式だが、芝居的要素をふんだんに盛り込んでオペラ感満載のエンタテインメント。

夏真盛りの中行われた、愉しい舞台の様子を御覧いただきたい☆

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

コンサートマスターは寺神戸亮。指揮者 鈴木優人はチェンバロを弾きながら振る。

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

舞台背景には映像が投影されて物語空間が演出される。

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

プログラム第一部はモーツァルト十代前半(!)の作品「バスティアンとバスティエンヌ」。

バスティエンヌ役は ジョアン・ラン。魔法使コラ役は 加耒 徹。

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

バスティアン役は 櫻田 亮。

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

芝居はオーケストラの団員も巻き込みながら男女関係をめぐる話がドタバタと展開されて会場も沸く。

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

そして最後はハッピーエンド♪

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

 

 

 

 

 

第二部は、今回最大の注目演目である「劇場支配人」。モーツァルト30歳のときの作品だ。

 

 

 

第二部本番前、舞台袖。静かに身を整える指揮者 鈴木優人。

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

 

 

 

 

 

本番では、鈴木の指揮者としての本領がいかんなく発揮された。

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

使われる楽器はすべて当時のスタイルに則ったもの。とくにトランペットの形と構えが印象に残る。

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

 

 

俳優ブッフを演じるのは 加耒 徹。

コンサートマスター寺神戸も芝居に駆り出される。

 

 

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

ふたりの女流歌手。ヘルツ夫人役は 中江早希。ジルバークラング嬢の役は 森谷真理。

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

歌手フォーゲンザンクは 櫻田 亮が演じる。

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

 

そういえば劇場支配人役は誰が、、、それは、指揮者の鈴木優人みずからが演じるのだった。

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

この話も色々ドタバタしながらハッピーエンドを迎える

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

 

調布国際音楽祭©Lasp Inc.

愉しい舞台の終わり、みな清々しい笑顔で舞台袖に戻って来た☆

 

2018年7月1日 調布市グリーンホール

鈴木優人:指揮・チェンバロ
佐藤美晴:演出
水野明人:台本
バッハ・コレギウム・ジャパン:管弦楽

Photos : Atsuko Ito & Lyuta Ito (Lasp Inc.)
Text : Lyuta Ito

©Lasp Inc. 無断転載ヲ禁ズ