Lasp舞台写真マガジン
写真で楽しむ舞台芸術の世界

スーパーポジティブなハイテンションバンド『HERE』 クラウドファンディングによる大規模ワンマンライブを実現!

2018/09/18
 

スーパーポジティブハイテンションロックスター HEREが、クラウドファンディングによるHERE史上最大規模のワンマンライブを実現! Zepp DiverCity TOKYO にHERE節が炸裂した!

HERE©Lasp Inc.

 

ロック現場主義。
ロックとは生き方のことである、
ということを圧倒的圧力で感じさせるバンド、HERE。

圧倒的にポジティブで、圧倒的にハイテンションで、圧倒的に元気。
HEREの演奏が始まると同時に
人はその強力なパワーによって強制的に思考停止させられ、
盛り上がる以外のことができなくなる。
気付けばあらゆる雑念は蒸発し、
ただ元気に明日に向かうメンタリティーだけが残る。

 

今回のライブは
5枚目のフルアルバム『OH YEAH(2018/09/05発売)
のリリースツアー初日であり、また、
HERE史上最大規模の会場での開催ということもあり、
非常に気合の入ったステージであった。

 

HERE©Lasp Inc.

 

 

メンバーは

ボーカル 尾形回帰

HERE©Lasp Inc.

 

ギター 三橋隼人

HERE©Lasp Inc.

 

ギター 武田将幸

HERE©Lasp Inc.

 

 

 

HEREの魅力は、尾形回帰の大砲のような突発的存在感によって輝く。

HERE©Lasp Inc.

 

 

 

HERE©Lasp Inc.

 

全身全霊!

 

HERE©Lasp Inc.

 

 

 

HERE©Lasp Inc.

 

全力でロックを叫ぶ!

 

HERE©Lasp Inc.

 

 

HERE©Lasp Inc.

 

祈りの如くに!

 

HERE©Lasp Inc.

 

 

この日はダンサーも加わり、大きなステージをHEREが存分に駆け巡った。

HERE©Lasp Inc.

 

 

HERE©Lasp Inc.

 

 

ときにダンディーな尾形回帰。

HERE©Lasp Inc.

 

 

ギタリストたちもダンディー。

HERE©Lasp Inc.

 

HERE©Lasp Inc.

 

 

踊るダンディー。

HERE©Lasp Inc.

 

 

みんなも踊る。

HERE©Lasp Inc.

 

 

そして吠える!

HERE©Lasp Inc.

 

 

 

演説も熱い!

HERE©Lasp Inc.

 

 

 

HERE©Lasp Inc.

 

 

 

全宇宙に届く熱意の距離感。

HERE©Lasp Inc.

 

 

 

HERE©Lasp Inc.

 

HERE©Lasp Inc.

 

 

 

 

ライブの途中、メンバー全員が客席へと降りた。
新曲PVの撮影が、ライブ中に行われたのだ!

HERE©Lasp Inc.

 

客席中央で群衆に囲まれながら、ロックスターは踊った。

HERE©Lasp Inc.

 

 

どんなPVが出来上がるか、じつに楽しみだ。

HERE©Lasp Inc.

 

 

 

最後に、さらなる尾形回帰の雄姿を御覧いただこう。

HERE©Lasp Inc.

 

 

HERE©Lasp Inc.

 

 

HERE©Lasp Inc.

 

HERE©Lasp Inc.

 

 

HERE©Lasp Inc.

 

 

 

 

HERE©Lasp Inc.

 

HEREの夢とみんなの夢をこめた風船が宙を舞った。

 

HERE©Lasp Inc.

 

 

どこまでも、スーパーポジティブに飛び続けるHEREであった。

HERE©Lasp Inc.

 

 

 

HERE オフィシャルサイト
http://here-web.com/

 

HERE オフィシャルtwitter
https://twitter.com/HERE_official

 

 

 

HERE©Lasp Inc.

 

2018年9月4日 Zepp DiverCity TOKYO

Photos : Atsuko Ito & Lyuta Ito (Lasp Inc.)
Text : Lyuta Ito

©Lasp Inc. 無断転載ヲ禁ズ