Lasp舞台写真マガジン
写真で楽しむ舞台芸術の世界

2台のピアノによるピアノコンチェルト “Fascination Concertos!”

2018/05/02
 

イケメンピアニスト2名による、スタンウェイとベーゼンドルファー、2台のピアノによるピアノコンチェルト、Fascination Concertos!

Fascination Concertos ©Lasp Inc.

 

Fascination Concertos!

2018年4月14日 東京オペラシティ リサイタルホール

ふたりの若手ピアニスト、實川 風 と 務川慧悟による

二台のピアノを並べてのコンサート。

曲目はピアノコンチェルト 2曲というプログラム。

ソロパートをスタンウェイ、オーケストラパートをベーゼンドルファーと、楽器を使い分けて臨む。

上の写真では、手前がスタンウェイ、右側の角ばっているのがベーゼンドルファー。ベーゼンドルファーの中でもとくに特徴的な「インペリアル」というモデルです。

 

こちらが、「インペリアル」。

Bosendorfer Imperial ©Lasp Inc.

 

なんと、低音側に、ふつうより多くの鍵盤があります。しかも白くなくて、黒。

Bosendorfer Imperial ©Lasp Inc.

これは、より低い音を弾くためではなく、共鳴を良くするための追加弦です。

実際、低音のヌケが素晴らしい。

 

Fascination Concertos ©Lasp Inc.

 

 

 

Fascination Concertos ©Lasp Inc.

ベーゼンドルファーとスタンウェイ、2台のピアノが向きあう姿は、実に美しい。

 

 

Fascination Concertos ©Lasp Inc.

手前がベーゼンドルファー、向こうがスタンウェイです。

 

 

 

Fascination Concertos ©Lasp Inc.

なお、二台のピアノを並べるとき、ピアノの蓋はステージ奥側(舞台下手側)のピアノのみ用います。

今回の場合はスタンウェイの蓋を残し、ベーゼンドルファーは蓋を外した状態で演奏します。

 

 

 

 

ふたりのピアニストを紹介します。

 

實川 風 ©Lasp Inc.

實川 風 Kaoru Jitsukawa

東京藝術大学大学院修了。

2015年 ロン・ティボー・クレスパン国際コンクール(フランス)1位なしの第3位受賞。日本ショパンコンクール第1位受賞。

2016年 カラーリオ国際ピアノコンクール(イタリア)にて第1位受賞。他、優勝・入賞、国際音楽祭への招待など多数。

国内有数のオーケストラとの共演も多数。

現在、グラーツ国立音楽大学ポストグラデュエイト過程に在籍し、マルクス・シルマー氏に師事。

http://kaoru-jitsukawa.net/

實川 風 ©Lasp Inc.

 

 

 

務川慧悟 ©Lasp Inc.

務川慧悟 Keigo Mukawa

2012年 日本音楽コンクール第1位受賞
2015年 エピナル国際ピアノコンクール(フランス)第2位受賞

2016年 イル・ド・フランス国際ピアノコンクール(フランス)第2位受賞。コープ・ミュージック・アワード国際コンクール(イタリア)第1位受賞。

2017年 シャネル・ピグマリオン・デイズのアーティストに選出され「ラヴェル ピアノ作品全曲演奏」をテーマに6回のリサイタルを開催。

国内外でのリサイタル、オーケストラとの共演多数。

現在、パリ国立高等音楽院第2課程に在籍。

務川慧悟©Lasp Inc.

 

 

 

 

 

Fascination Concertos ©Lasp Inc.

 

 

 

Fascination Concertos ©Lasp Inc.

 

 

 

Fascination Concertos ©Lasp Inc.

 

[プログラム]

ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調

ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 作品43

(2018年4月14日 東京オペラシティ リサイタルホール)

 

Fascination Concertos ©Lasp Inc.