Lasp舞台写真マガジン
写真で楽しむ舞台芸術の世界

[演劇] 寺山修司没後35周年公演「青ひげ公の城」劇団☆A・P・B-Tokyo

2018/05/04
 

月よりも遠い場所… それは劇場! 寺山修司の演劇哲学をきわめて端的に表現した名作が、没後35年の節目に、月蝕歌劇団出身の高野美由紀の演出によって上演されました!

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

劇団☆A・P・B-Tokyo 「青ひげ公の城」(寺山修司作、高野美由紀演出)

2018年4月19~24日 高円寺・明石スタジオ

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

寺山修司 没後35周年 の命日を前に、明石スタジオにて、

「青ひげ公の城」が上演された。
劇団☆A・P・B-Tokyo(主催:浅野伸幸)。

演出は、高野美由紀(月蝕歌劇団出身)。
劇場はいまや老舗となった高円寺の明石スタジオ。

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

観客席の目の前の舞台では、劇団スタッフたちが作業している。
芝居の小道具を組み立てる者、照明機材を運ぶ者、掃除をする者、、、
いったいいつ演劇が始まるのか、それともこのまま何も始まらないのか。
はじめから現実と演劇の境界線を奪われた観客の前に、ひとりの少女が台本を持って現れる。

「青ひげ公の第七の妻ユディット」の役を得るために…。

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

第七の妻になるためには、六人の妻たちの死体が必要だと告げられた少女。

城の中で、さまざまな異空間に遭遇する。

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

舞台上で繰り広げられるのは劇ではなく、劇の役を得ようとする少女が見る舞台裏。

少女が見るあらゆる光景は劇であって現実ではない、という現実に戸惑う少女…を見ている観客が見ているのは果たして劇なのか劇でないのか。

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

劇中の物語はセリフの稽古であったり、青ひげ公の妻たちの心の吐露であったり。
どの場面もみな途中で終わって、続かない。

テラヤマの仕掛けた劇場という概念の解体、演劇という虚構の反転が、現実の体験として顕現していく。

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

寺山思想の核心をさりげなく語る アリスとテレス が可愛らしくも恐ろしい。

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

そして、青ひげ公のいない、結婚式。

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の不在が、登場人物たちの、そして観客の上に重くのしかかる。

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

誰もが求めている「青ひげ公」とは、いったい何者なのか…。

次々に現れる「妻」たち…。

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城(高野美由紀) ©Lasp Inc.

青ひげ公の城(高野美由紀) ©Lasp Inc.

青ひげ公の城(高野美由紀) ©Lasp Inc.

青ひげ公の城(高野美由紀) ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

花嫁の衣装が宙を舞う。

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

ついに、少女は第七の妻の衣裳を身に着ける。

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

そして最後に少女は、衣裳を脱ぎ捨てた。

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

人生は演劇である。

演劇は劇場にあるのではない。

われわれひとりひとりがみな役者であり、われわれが生きるこの現実こそが劇場である。

という寺山修司の根本思想をきわめてわかりやすく表現したこの作品は、それゆえにじつに難解な作品でもある。

とくに大きな劇場で上演されてしまうとその意味が伝わりづらくなる厄介な作品ともいえる本作が、明石スタジオという小空間で上演されたことは、没後35年の節目にふたたびテラヤマを考えるうえで貴重な好機であったと言えるだろう。

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

青ひげ公の城 ©Lasp Inc.

演出:高野美由紀
作:寺山修司
2018年4月
高円寺・明石スタジオ

劇団A・P・B-Tokyo

https://www.apbtokyo.com/

 

撮影:Lyuta Ito (Lasp Inc.)