Lasp舞台写真マガジン
写真で楽しむ舞台芸術の世界

“浅葱” 単独公演 「斑 ~白面金毛九尾の狐火玉編~」 V系バンド『D』のボーカルASAGIによるソロ公演@恵比寿リキッドルーム

2018/10/01
 

ASAGI SOLO WORKS – ヴィジュアル系バンド D のボーカル ASAGI のソロライブが、恵比寿のリキッドルームで行われた。華美夢幻なる妖狐の世界にLaspが迫った!

ASAGI©Lasp Inc.

 

恵比寿のリキッドルームに、結集したファン。
雑談する声少なく、誰もがやがて現れる異世界を、心を一にして待っていた。

 

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

幕が開くと、そこは妖艶な美の世界。夢のむこう側…。

 

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

投影される映像が美を増幅する。きわめて完成された空間の美学。

 

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

妖狐、舞う。

 

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

ASAGIは2018年1月に
和をコンセプトにしたフルアルバム「斑」をリリースしている。
今回の演奏曲目も、「斑」収録曲を中心に構成されたが、
この日、同じく和を基調にした新曲「妖狐の嫁入り」の
会場・通販限定音源が発売され、
新曲はライブ一曲目で披露された。
完璧な楽曲構成と完璧な視覚演出。すべては妖狐の意のままに、
妖艶なる華美の世界へと吸い込まれてゆく…

 

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

眼前に立たれたる美しき御姿 人智を超ゆれ かくも現しく。

 

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

人ならぬ妖の美しさ、という誉め言葉は
浅葱に対して決して過剰ではないだろう。

 

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

集う民、一心に舞う。妖狐の一念に応えむと願いて。

 

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

天降り人のやうで異形たる妖のやうなり。
夢幻の中に人々を誘い込むかのような歌と舞。

 

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

どこまでも深く、鋭く、絶対的な美の世界が構築されてゆく。

 

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

 

 

 

美の世界を支えたメンバーたち。

 

Drums 淳士 (BULL ZEICHEN 88 / 戦国時代 –The age of civil wars–  ex. SIAM SHADE)

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

Bass 燿 (摩天楼オペラ)

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

Guitar you (Janne Da Arc)

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

Guitar HIRO (La cryma Christi / Creature Creature)

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

寸分も崩れない一体感のままに、ステージはクライマックスへと昇華する。

 

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

民と手を差し交ひ神さぶる姿形。

 

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

狐、吠える。

 

 

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

眼差しは、優しい。

 

 

 

 

そして、輝く。

ASAGI©Lasp Inc.

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

 

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

 

ASAGI オフィシャルサイト
http://www.god-child-records.com/asagi/

 

Next live:

“浅葱” 新春特別企画 二部制単独公演
2019年1月13日(日) 品川インターシティホール

 

 

 

ASAGI©Lasp Inc.

 

2018年9月24日 LIQUIDROOM(恵比寿)

 

Photos : Lyuta Ito & Atsuko Ito (Lasp Inc.)
with FUJIFILM X-H1/X-T2
Text : Lyuta Ito

©Lasp Inc. 無断転載ヲ禁ズ