Lasp舞台写真マガジン
写真で楽しむ舞台芸術の世界

[クラシック(古楽)] バッハ・コレギウム・ジャパン『メサイア』 Bach Collegium Japan MESSIAH サントリーホール クリスマスコンサート 2018

2019/01/06
 

年末恒例となったBCJによるヘンデルの『メサイア』 を Laspが撮影しました!

These are photographs of “Messiah” composed by G.F.Händel, performed by Bach Colloegium Japan (conducter: Masaaki Suzuki).

鈴木雅明/BCJ©Lasp Inc.

クリスマスの季節、ベートーヴェンの「第九」とともに演奏される機会の多いヘンデルのオラトリオ『メサイア』HWV56。

バッハ・コレギウム・ジャパン(以下BCJ) による年末の『メサイア』演奏は 2001年からはじまり、今年で18回目を数える 。

鈴木雅明©Lasp Inc.

指揮をするのはBCJ創始者である鈴木雅明。

鈴木雅明/BCJ©Lasp Inc.

合唱団は総勢18名という、一般的にメサイアと聞いて連想するイメージより小さい編成だ。

様々な異稿が存在するメサイアだが、プログラムには「ソリスト4人の稿(1753年版に基づく)とあり、舞台にはソプラノ、アルト、テノール、バスの4人のソリストが並ぶ。

四人のソリストを紹介しよう。

Bass: Benjamin Bevan ©Lasp Inc.
Tenor: Zachary Wilder ©Lasp Inc.
Alto (Mezzo soprano): 藤村実穂子 ©Lasp Inc.
Soprano: 森谷真理 ©Lasp Inc.
鈴木雅明/BCJ©Lasp Inc.

オーケストラの編成はバロック室内楽の標準的な人数で、管楽器はオーボエ2本とファゴット1本。

鈴木雅明/BCJ©Lasp Inc.

バロック・オーケストラ要となる通奏低音に、オルガン(大塚直哉)とチェンバロ(鈴木優人)、ふたつの鍵盤楽器が使われる。

鈴木雅明/BCJ©Lasp Inc.
鈴木雅明©Lasp Inc.
鈴木雅明/BCJ©Lasp Inc.

現代とは違う、片手で構えるトランペットも印象的だ。
着座せず、出番の時だけ後方に登場して演奏する。

BachCollegiumJapan©Lasp Inc.

 

鈴木雅明の語りかけるような指揮に等身大のヘンデルを感じる良き演奏であったが、それは荘厳さと謙虚さ・歴史と現在・西洋と東洋といったあらゆる多重要素を包み込むような緻密な音楽構築に、膨大な量の研究による裏付けを垣間見る贅沢な時間でもあった。

鈴木雅明©Lasp Inc.

 

BachCollegiumJapan©Lasp Inc.

 

鈴木雅明©Lasp Inc.

 

鈴木雅明©Lasp Inc.

日本が世界に誇る古楽オーケストラ、バッハ・コレギウム・ジャパンの『メサイア』は、いま日本で聴くことのできるメサイアの中で間違いなく最高のもののひとつであろう。

鈴木雅明/BCJ©Lasp Inc.

バッハ・コレギウム・ジャパン公式サイト
http://bachcollegiumjapan.org/

2018年12月23日 サントリーホール

Photographs by Atsuko Ito & Lyuta Ito (Lasp Inc.)
with FUJIFILM X-H1/X-T3

無断転載ヲ禁ズ©Lasp Inc.