Lasp舞台写真マガジン
写真で楽しむ舞台芸術の世界

クレオパトラの最期 コメディ!? ~美しく死ぬために~ 「東京コンテンポラリーシアター」による異色な”音楽演劇”の世界

2019/01/14
 

音楽と演劇。演奏と演技。その境界線を超えて総合芸術の舞台を具現化する不思議なる深淵な世界にLaspが迫りました。

Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.

フルートを手に、吹く・唄うそして舞うアーティスト YUKKO。
YUKKO 率いる総合芸術集団「東京コンテンポラリーシアター」は、”音楽演劇”と呼ぶべき、演者が楽器を演奏しながら芝居を演じる形式の公演を行う異色なグループ。これまで羽黒山の国宝五重塔など神聖な場所での奉納公演も多く、メッセージ性の高い熱量溢れる作品が多い。YUKKO自身はクラシックフルートとコンテンポラリーフルートのハイブリッドなバックグラウンドを持ち、シンガーソングライターでもある。また、メンバーはみな超一流の実力を持つ演奏家たちだ。 音楽と演劇の融合した、ある意味では演劇古来のかたちに立ち返る試みでもある彼らの舞台を、Laspの写真で御覧ください

This is music-play stage performance about Cleopatra, by Tokyo Contemporary Theater, directed by YUKKO (flutist, singer & dancer).

Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.

物語はクレオパトラの死にまつわる話。
公式の解説は以下のとおり。

エジプト・プトレマイオス最盛期のファラオ。
恋人アントニウスの残酷な死をきっかけに、
敵であるアウグスティヌスに屈する前に自殺を決意。
自らの死を威厳ある、美しいものにするため、彼女が選んだのは
囚人たちを使い、色々な毒を試すこと。
エジプト史上最高の栄華と権威を振るったクレオパトラは
自らの死を目前に何を思い、何を感じ、そしてどんな最後を迎えるのか・・・。
昨今の研究によって判明してきた新たな史実、発掘品などを巡り、
YUKKO自らオリジナルで書き下ろした歴史サスペンス。

ということなのだが、今回はシリアス一色ではないコメディタッチの演出が試みられた。

Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.

司祭 ネセル役、 ピアノ:アキラ・ヤマガタ

Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.

彼の奏でるラフマニノフ:ピアノ協奏曲第二番が壮大な物語の幕開きを告げる。

囚人 レイラ役、チェロ:加藤文枝

Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.

レイラの妹役 、ヴァイオリン:尋木壽菜

Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.

音楽と身体、言葉の融合する総合芸術の世界。

Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.

囚人(医師) ヘシレ役、ヴァイオリン:桜井大士
囚人トト役、セルパン:東金ミツキ

Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.

この二人の芝居が物語の流れを作る。
その流れの中で一流の演奏家の奏でる音楽が渦のように観客を引き込んで行く。

クレオパトラの付き人 サルマ役、薩摩琵琶、吟詠:吉永典子

Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.

Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.

YUKKOの奏でるフルートは、クレオパトラの妖艶なる風情を情緒的に体現する。

Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.

セリフももちろん語られる。
だが、登場人物たちの心情の大部分は音楽によって語られる。
その演奏が超一流のプロフェッショナルであるがゆえに、言葉をはるかに超える力をもって観客の心に迫って来る。

Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.

毒をめぐって人間の光と闇が見え隠れする。

Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.

生きることについての示唆もある。

Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.

Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.

コブラの毒による自死を選んだクレオパトラ。

Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.

だったのだが…。

物語は予想外の結末を迎えた。

Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.

Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.

東京コンテンポラリーシアター 公式サイト
http://t-c-t.jp

なお、途中に「セルパン」という変な楽器が写っていましたが、>>>こちらの記事<<<にも登場していますので参考までにどうぞ♪

Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.
Tokyo Contemporary Theater ©Lasp Inc.

2019年1月4日 南青山MANDALA(ゲネプロ)

Photographs by Lasp Inc.
with FUJIFILM X-H1/X-T3

無断転載ヲ禁ズ©Lasp Inc.