Lasp舞台写真マガジン
写真で楽しむ舞台芸術の世界

[音楽演劇] 東京コンテンポラリーシアター 音楽演劇『アルジャーノンに花束を』@南青山MANDALA

2019/06/05
 

人間の知能と幸福について深く鋭い疑問を放った名作『アルジャーノンに花束を』を、アーティストYUKKO率いる「東京コンテンポラリーシアター」が [音楽演劇] という新しいカタチの舞台作品として再創造して現代の幸福を問う、問題作にLaspの写真が迫りました!

[登場人物]
チャーリー・・・桜井大士(ヴァイオリン)
キニアン・・・YUKKO (脚本・演出、フルート、歌)
アルジャーノン / ライリー(パン工場のチャーリーの同僚)・・・ 東金ミツキ(セルパン)
ニーマー教授 / パン工場長・・・アキラ・ヤマガタ(ピアノ)
ストラウス教授・・・加藤文枝(チェロ)
リック・・・橋本專史(ゲスト出演、チェロ)
記者・・・ 佐々木みち代(声優)
およびTCTジュニアクラスメンバー

※記事中の写真はクリックすると拡大します

東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.
東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.

『アルジャーノンに花束を』の原作は、ダニエル・キイス作の小説。宇宙や未来といった題材ではなく、知能指数という限定的なテーマによるSF作品だが、知能の高さが人間の幸せなのかという観点から主人公の一人称で綴られた、幸せとは何かを問う哲学的作品である。

主人公は、知的障害を持つチャーリー。
チャーリーが、ある手術を経てIQ190の天才に生まれ変わり、その知能がふたたび退化して元に戻って行く過程を描いた話。

この物語が、東京コンテンポラリーシアターによって、単なる演劇ではなく [音楽演劇] として演じられた。

東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.

[音楽演劇]の醍醐味は、セリフと並び楽器演奏によって物語を表現すること。
桜井大士は一丁のヴァイオリンを奏でてIQの変化を音に表す。当世一流の演奏家だからこそ成せる超絶技巧の業だ。

東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.

東京コンテンポラリーシアターを率いるのはフルート奏者YUKKO。
脚本・演出すべて彼女の手による作品である。
ピアノを弾くのはアキラ・ヤマガタ。この音楽劇団の演奏の要である。

東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.

チェロを弾くのは 加藤文枝 。超絶技巧曲をさらっと弾きこなす。

東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.
東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.
東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.
東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.
東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.

手術のシーン。

東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.

珍しい、セルパンという古楽器を演奏するのは 東金ミツキ 。
セルパンは、チューバ(ラッパのいちばん大きいもの)が発明されるまで金管の低音部を担っていた楽器。

東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.
東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.
東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.
東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.
東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.
東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.
東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.
東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.
東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.

今回の公演では、チェロがもうひとり登場した。奏者はゲスト出演 橋本專史 。

東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.
東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.

物語は、心に深く刺さる結末へと向かう。

東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.
東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.
東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.
東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.
東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.

「どうかついでがあったら、うらにわのアルジャーノンのおはかに花束をそなえてやってください」  ~原作(日本語訳)より

東京コンテンポラリーシアター©Lasp Inc.

2019年6月2日 南青山MANDALA

Photographs by Lasp Inc.
with FUJIFILM X-H1/X-T3

無断転載ヲ禁ズ©Lasp Inc.

***********************************************************

Lasp の撮影スタジオ Studio Lasp のご案内。

Laspでは業務として写真撮影を承ります。
料金は 
https://lasp-inc.com/menu/ 
舞台撮影およびスタジオ撮影(アー写や宣材写真)御相談ください。

Studio へのアクセスは 
https://lasp-inc.com/access/
都心を離れた葛飾柴又のゆったり落ち着いたところです。

メールにてお問合せください。
lasp@lyuta.net