Lasp舞台写真マガジン
写真で楽しむ舞台芸術の世界

[花火] 葛飾納涼花火大会(柴又の花火)2019

2019/07/23
 

葛飾の夏がここから始まる。雨天順延が危ぶまれるも午には雨あがり、虹が出て蝉も啼き、幕は上がった。柴又の空に咲いた夢の華を、Laspの写真で御覧ください。

※記事中の写真はクリックすると拡大します

©Lasp Inc.

ずっと天気の悪い7月。この日も空はどんよりと曇り、朝はしとしと、夕方にもたまにぽつぽつと少しだけ雨が落ちていた。

それでも、例年のように浴衣姿の人々が大勢小さな柴又の町を訪れ、参道は賑わった。

©Lasp Inc.

天候不安を吹っ飛ばすように突如現れた虹!

©Lasp Inc.

土手には提灯が揺れ。

©Lasp Inc.

屋台も賑わう。

©Lasp Inc.
©Lasp Inc.

仮設階段も開通!

©Lasp Inc.
©Lasp Inc.

では、無事に開催された第53回葛飾納涼花火大会の花火を、ごく一部ですがご覧ください☆

葛飾納涼花火大会©Lasp Inc.
葛飾納涼花火大会©Lasp Inc.
葛飾納涼花火大会©Lasp Inc.
葛飾納涼花火大会©Lasp Inc.
葛飾納涼花火大会©Lasp Inc.
葛飾納涼花火大会©Lasp Inc.
葛飾納涼花火大会©Lasp Inc.
葛飾納涼花火大会©Lasp Inc.
葛飾納涼花火大会©Lasp Inc.
葛飾納涼花火大会©Lasp Inc.
葛飾納涼花火大会©Lasp Inc.
葛飾納涼花火大会©Lasp Inc.
葛飾納涼花火大会©Lasp Inc.

今回の花火は、条件としては川のほうから柴又方向に風が吹いていて、煙が手前に来てしまって花火が隠れる、あまり見やすい気象ではなかった。
それでも、雨が上がって無事に花火が上がったことが何よりで、そのことを誰もが喜んだ宵であった。

本記事には、比較的煙が花火に被っていないカットを選んで掲載しました。

余談ですが、葛飾納涼花火大会では、ちょうど弊社Studio Lasp前で「ゑびす家」の鰻重弁当が販売されていて、ふだん3000円以上出さないと食べられない上等な鰻が半分の値段で食べられます。鰻の面積も半分ですが、なかなか食べられない鰻重に手が届くチャンスです♪
柴又の鰻は脂控え目でさっぱりしていて、胃にもたれることもなくいくらでも食べられちゃう感じです。こってり派の人には物足りないかもしれませんが、あっさり派の人にはオススメです☆

昨年の記事はこちら↓
http://lasp.co.jp/magazine/archives/1540

2019年7月23日 柴又 江戸川河川敷 (Studio Laspより撮影)

Photographs by Lasp Inc.
with FUJIFILM GFX-50R + 32-64mm F4(花火), X-T2 + 16-55mm F2.8(町)

無断転載ヲ禁ズ©Lasp Inc.