Lasp舞台写真マガジン - 写真で楽しむ舞台芸術の世界

六人のメゾソプラノたち

 

メゾソプラノ。通常、ソプラノやテノールが主役で、その脇をかためることの多いパート。 そのメゾソプラノばかり6人が集まっての異例のコンサートが開催されました。 メゾソプラノの地位向上を目指す彼女たちの濃ゆ~い世界をご堪能ください。

 

 

 

メゾソプラノ、というパートがあります。Mezzosoprano。

ソプラノより低くて、アルトより高い、中途半端なパート、、、ではなく、表現の奥が深い魅力的なパートです!

そのメゾソプラノの価値をより多くの人に知ってもらおうと立ち上がった六人。

メゾソプラノ地位向上委員会のみなさまによるコンサートが開催されました。

 

6mezzo©Lasp Inc.

 

メゾソプラノばかり、六人。なかなかふつうあり得ない編成です。

左から、鳥木弥生、福間章子、鈴木涼子、松浦麗、但馬由香、立川かずさ。

 

いきなり楽しい雰囲気で始まり、6人がひとりずつ得意な曲を披露したあとは、、、

 

突然の撮影タイム♡

6mezzo©Lasp Inc.

 

6mezzo©Lasp Inc.

 

 

 

 

そして、とにもかくにもメゾソプラノの地位向上を謳うのでありました。

6mezzo©Lasp Inc.

 

 

 

 

 

 

 

 

プログラム後半は、お決まりの。。

メゾソプラノといえば、「カルメン」です。

6mezzo©Lasp Inc.

 

 

 

 

スペインっぽいムードが盛り上がります。

6mezzo©Lasp Inc.

 

6mezzo©Lasp Inc.

 

6mezzo©Lasp Inc.

 

 

 

 

ご存知の通りのストーリーで男女の間にいろいろありまして。(ホセ役はゲストのテノール 所谷直生)

6mezzo©Lasp Inc.

 

 

カルメンはホセに刺されて死ぬわけです。

6mezzo©Lasp Inc.

 

このシーンのテノールのアリアが素晴らしい曲だし、所谷氏の歌唱も素晴らしくて、大感動の中フィナーレへ。

と思いきや。。。

 

 

 

 

 

6mezzo©Lasp Inc.

 

死んだはずのカルメンがもうひとり現れ。

ホセの熱唱がまた最初からもう一度。大変です。

 

 

 

 

6mezzo©Lasp Inc.

 

そのカルメンもホセに刺されて、ふたたびの感動のアリアで幕。

ではなく。。。

 

 

 

 

 

6mezzo©Lasp Inc.

 

次から次へと、刺しても刺してもカルメンが現れるのであります。

 

6mezzo©Lasp Inc.

 

 

 

 

6mezzo©Lasp Inc.

 

とうとう、六人目のカルメンが現れると、ホセはカルメンにナイフを渡す。

そしてカルメンではなくホセが刺されて死ぬと、倒れていたカルメンが全員起き上がり、めでたしめでたし…。

 

 

6mezzo©Lasp Inc.

 

 

という、六人もメゾソプラノが揃っただけのことはあり、たいへん賑やかな演奏会でありました。

 

 

6mezzo©Lasp Inc.

 

 

 

2018年6月15日
豊洲シビックセンターホール

演出:太田麻衣子

ピアノ:瀧田亮子

主催:メゾソプラノ地位向上委員会

撮影: Lyuta Ito (Lasp Inc.)